トイレの水つまりの場所を探す時の極意

つまりが起こる部分

【トイレの水つまりチェッ部分】
トイレは毎日使用する人が殆どだと思いますが、実際にどのような構造なのか知っている人は少ないと思います。そんな方に少しでもお役立て出来ればと思っています。
そんなトイレが急に水つまりを起こすと大慌てすると思いますが構造を理解していれば割りと解決できす場合もあります。
まー頻繁に発生する住宅の場合には点検口があると便利ですね!しかし全世帯にそのようなスペースがあるとは思えないので現実的な方法を伝授します。

 

しかし意味もわからないトイレの水つまり!道具が無いと「焦ります」<0;0>;;;;;ですからそのような事にならない為に少しでも知識を豊富にしましょう
そうすれば素早く発見できる可能性が高くなりますよ!
一番最初に考えられる経路はトイレの排水です。この部分はトイレの中でも一番狭い部分があるのが「せき」一般的な業界用語ですね。
この部分で物が詰まる可能性が非常に高いですよね実際にそのケースが一番多いんです 「まー構造上しかたが無い部分ですね」

 

もう一点はトイレの使い方です

 

これも良くあるケースですが節水の為に水量を少なくしたりするケースですが、様々な方法で節水を試みる方がいます例えば小便をした時には水を流さないとか、
大便を流す時に小の位置にして流す、トイレのタンクの中にペットボトルや瓶を置いておくなどありますね!

 

上記の方法で節水を試みる方が大勢いますが、絶対に止めてください水つまりの原因になります得に小をした時に流さないと尿石が便器の排水路に付着して剥がれ無くなります。そうすると便器は使用できなくなる可能性があります。

 

実際このページを読んで心当たりがある場合にはただちに止めることをお奨めします。
でも既に発生してこのホームページに辿りついた方も存在すると思いますのでその時には「ラバーカップ」を使っても駄目な場合には本サイトでトイレつまり修理をお奨めできる水道屋さん検索サイトがあります【水道屋さんナビゲーター】です。有名な会社から地元に密着した事業者のクチコミやランキングを素早く確認できます。